菅義偉官房長官と河野太郎外務大臣が総理大臣になる可能性を占った。

実は新元号が発表された少しあとに、自民党総裁候補(総理大臣候補)と噂される菅義偉官房長官と河野太郎外務大臣について占っておりました。

記事にするのが面倒でInstagramにだけ結果を掲載していたんですが、ブログの方も更新しないとと最近は思っているので、転載します。

カード一枚一枚を解説してInstagramの投稿より詳しい記事にしたいところなのですが、カードの展開画像をすでに削除してしまっていて何が出ていたかよく覚えていないので、やむなく転載です(Instagramの画像は最終結果のカードのアップだけでした)。

仕方ない。

スプレッドはヘキサグラムです。
あくまで2019年4月時点での鑑定とご承知おきください。

まずガースーこと令和おじさんこと菅義偉官房長官の方から。
画像からなんとか判別できるカードと記憶にあるカードを一応書いておきますね。
本当にあってるかわかんないけど。


過去:ソードの7(画像と記憶から推測)
現状:ペンタクルの2
近い未来:ペンタクルのキング
対応策:ペンタクルの6(画像と記憶から推測)
周囲の環境:カップのA
潜在的な願望:カップの3(画像と記憶から推測)
最終結果(キーカード):ペンタクルのクイーン

あれ?結構いけるな…。

では解釈です。
どのカードが根拠になっているかを一応記載しましたが、微妙なアレで説明しにくいのであんまりガチッと受け取らないで下さい。

ソードの7
過去の政治活動では、何度か裏切られたり一方的に利用されたりした経験があるようです。
ペンタクルの2、ペンタクルのキング
それ故に信頼する相手をよく見極めるようになり。立ち回りも上手くなりました。
今は臨機応変の対応力を発揮してそつなく仕事をこなしており、今後ますます地位を固めていくでしょう。
カップの3(ペンタクルのクイーン&キング)
本人が総理大臣に積極的になりたいかといえばそうでもありません。
自分ひとりの地位を高めるより、自民党・政府・日本といった単位で安定していくこと、栄えていくことを重視しています。
ペンタクルの6、カップのA、ペンタクルのクイーン&キング
でも人を援助したり、長い目で人材を育てたりしているうちに支持を集めて勢力になる可能性あり。
本人にその気が芽生えれば総理大臣になるでしょう。

それではもう一人の総裁候補、自称イケメンお兄さんの河野太郎外務大臣の鑑定結果です。


過去:ワンドの8…?(僅かに見切れている部分を手がかりに推測)
現状:カップのペイジ(画像から推測)
近い未来:カップの6(画像と記憶から推測)
対応策:ワンドの5(記憶から推測)
周囲の環境:カップの9(画像から推測)
潜在的な願望:戦車
最終結果(キーカード):ペンタクルのキング

解釈はこちら。
Instagramでは過去と現在のカードに全く触れていませんでした。
まあ河野太郎氏の性質は今の仕事とすごく相性が良いようで、自分に何ができるか楽しみを持ってお仕事をされているようです。

戦車、ワンドの5
本人は野心がある様子。
競争相手が出てくるので、切磋琢磨する中で実力を高めていくことが必要です。
競争の中で自分の野心をコントロールし、正当な手段で勝ち切ること。
他人を嵌めたり実力をごまかして上を狙うのは厳禁です。
カップの9、ペンタクルのキング
すると周囲が後押しする環境も整い、いずれ総理の座を掴めるでしょう。
カップの6
総理大臣になる前に、昔からの目標だったポジションに就くか、ずっとやりたかった仕事に関わる機会がありそうです。

短いですがこんな感じ。

現状は本人にもその気があるぶん、菅官房長官より河野太郎外務大臣の方が総理大臣になる確実性が高いと思われます。
ガースーはカードから見るに、本人の出世欲が近いうちにもっと高まらないとNo.2止まりです。

以上。
ここまでInstagramの転載と改変でお送り致しました。