占いが当たらない人は占術が合わないだけかもしれない。

タロット占いなんてやっている私ですが、自分を占ってもらっても当たったと思えた経験が殆どありません。

占星術・四柱推命・九星気学・算命学・手相など、占い本や鑑定サイトのほか、出掛けた先で対面占いを見掛けると時々ふらっと入って占ってもらうんですが、話自体は面白いけど現状とか過去とか性格とか、「当たらないなー」「ピンと来ないなー」ということが大抵なのです。

それでもなんでか占いは好きなので、占いに無関心になったりインチキだと馬鹿にするようなこともなかったのですが、どうして基本統計学なのに当たらないのかなー?と、不思議に思っていました。

占いに否定的な人の中には、「誰にでも当てはまることを書いたり言ったりしてるだけ」なんて言う人もいますが、自信を持って「そんなことはない」と言えるくらい、しっくりこない占い経験を重ねてきています。

そんな中でもタロットは自分で占ったときにいろいろ心当たりと合致したので、スピリチュアル関係を仕事にしようと考えたときに選ぶことができたんですよね(なんでか鑑定経験を重ねるうちに、自分のことはだんだん当たらなくなってきてしまったんですが…)。

どうして他の占いは当たらないのにタロットは当たったのか、理由はよくわかりません。
ただ、タロット占いを始めてから占い全般についても少し知るようになって、自分にとっての「当たる占い」「当たらない占い」の違いはわかってきました。

占いの手法は命術・卜術・相術の3種類に大別できるのですが、どうやら私はこのうちの命術とものすごく相性が悪いようなのです。

詳しく説明するとこう。

命術(生年月日や出生時刻、出生地など、その人固有の普遍情報から占う方法。占星術や四柱推命など)
感覚的な的中率:過去〜現状〜将来の展開、人柄や好みの傾向など、どれもほとんど当たらない。

卜術(適当に引いたカードやダイスを振って出た目などから占う、偶然性を利用した方法。タロットや易など)
感覚的な的中率:不思議なくらい当たる。

相術(日々変化する、その人固有の手相や顔相から占う方法)
感覚的な的中率:当たっていること、全く当たっていないこと半々くらい?

卜術・相術の的中率に関しては占者の技量にも左右されるかと思います。

何年も前、この3つの大別を知らなかった頃、何度かみていただいたスピリチュアルカウンセラーさんに
「どんな占いで占ってもらっても当たったと思ったことが無い」ということを話したら、
「猫野さんは一般的な方法じゃ当たる鑑定は難しいかも」みたいなことを言われたんですよね。

その時確かタロットとか易とかもだめでしたか?と聞かれた記憶もあります。
その時は卜術で占ってもらった経験がなかったので、そう答えたんですが。

実はこの会話は、ある占星術で鑑定すると自分のことが深くわかって生きやすくなりますよ、とスピリチュアルカウンセラーさんからすすめられたときの流れで交わしたものでした。

他の占星術は当たらなくてもこの占星術なら当たるはず、と言われて、それじゃあということで鑑定してもらったのです。
正確には、その占星術+スピリチュアルカウンセラーさんのリーディングによる鑑定でした。

実際に送っていただいた鑑定結果を読んでみたら、これが確かにかなりしっくりくる。
残念なことに鑑定結果のメールがガラケーからスマホ移行のどさくさで消えてしまい、もう手元にないんですが、他の命術では全く自分のこととして受け取れなかった性格診断や好みや行動の傾向なども、なるほどと思えました。

私と同じように占いがちっとも当たらないという方、もしかしたら何らかの理由で命術が当たりにくいタイプなだけかもしれません。
卜術・相術に比べて本やTVなどでも接しやすいので、命術が当たらないと「占い=当たらない」と思いがちですが、卜術や相術でみてもらえば当たるかもしれませんし、命術でも一般的な占術より高度なもので占ってみれば、私と同じくしっくり来ちゃうかもしれません。

それで、その唯一的中した占星術というのが……多分、多分なんですけど、『ハーモニクス占星術』だと思うんですよね……。
私はその名前がどうも覚えられなくて、「なんかシンフォニーとかハーモニーとか音楽的な名前だったはず」っていうぼんやりした記憶でずっと調べてたんですが、最近「占星術 高度 ハーモニー」とかで検索して、ようやく『ハーモニクス占星術』というものに辿り着きました。
当時は確か『ハーモニクス法』って聞いた気がするなあ。

出生時のホロスコープを何らかの方法で計算し直してチャートを描き直すというものらしく、これがすごく難しくて面倒な作業らしいです。

一応無料鑑定があるページを見つけました。
そのうちリンク切れになるかもしれませんが。
ステラ薫子/ハーモニクス占星術

これだけで参考になるかなあ。どうかなあ。
まあ命術が当たらない方はお試しあれ。
多少ほか占星術との雰囲気の違いはわかるかもしれません。