霧島神宮古宮跡(高千穂河原)

霧島神宮は鹿児島県霧島市にある有名な神社です。ニニギノミコトを祀っており、元々は天孫降臨で有名な高千穂峰の山頂に社殿があったということですが、噴火による火災で現在までに三回ほど場所を遷っています。
この高千穂河原の故宮跡(古宮跡)は二度目に社殿を遷された場所だそうです。

 

 

鳥居から社殿跡を向いた奥に見えるのが高千穂峰、境内から鳥居の側を向いて目に入るのが霧島連山中岳だそうです。
山々に囲まれた風景が清々しく、とても厳かで神秘的な雰囲気の場所です。観光客が殆どいなかったせいもあって、妙な緊張感を覚えました。
今までに経験の無い感覚で、似た雰囲気の場所というのも私は知りません。
あの空気感はちょっと忘れられないですね。

 

機会があれば是非訪れてみていただきたい場所です。

霧島神宮故宮跡(古宮跡)周辺MAPはこちら